MENU

日本熱測定学会:熱測定スプリングスクール2020(第84回熱測定講習会)~基礎から応用まで!充実した個別相談であなたの質問へ回答します~【2020年3月12日(木)~13日(金)開催】

主催

日本熱測定学会

協賛

資源・素材学会ほか

開催日

2020年3月12日(木)~13日(金)

開催場所

星薬科大学キャンパス(東京都品川区荏原)

プログラム

<3月12日(木)>

9 : 40~9 : 50        「はじめに(講習会の開催趣旨)」                                       (企画幹事,国士舘大学)名越 篤史
9 : 50~11 : 20      「熱分析の基礎」                                                                            (ダイキョーニシカワ)辻井 哲也
11 : 35~12 : 05   DTA・DSCの校正とJIS                                                                (産業技術総合研究所)清水 由隆
13 : 05~14 : 20   現場での熱測定とその解釈(ケーススタディ)     (パーキンエルマージャパン)鈴木 俊之
14 : 40~15 : 05   「熱分析による相転移次数・気相との相互作用の解析法―セラミックスを例として」
(日本大学)橋本 拓也
15 : 05~15 : 20   「熱分析による種々材料評価事例」                                                               (島津製作所)太田 充
15 : 20~15 : 45   「高分子の基礎と熱分析による評価」                                                      (星薬科大学)米持 悦生
15 : 55~16 : 10   「研究事例報告 超高速DSC (Flash DSC)の技術革新と将来の応用展望」
16 : 10~16 : 35   「ITCによる解析でわかることは何か」                                              (東京理科大学)鳥越 秀峰
16 : 35~17 : 25   質疑応答・個別相談

<3月13日(金)>

9 : 30~9 : 55        「無機物質のDSC」                                                                                         (東京工業大学)川路 均
9 : 55~10 : 20      「低分子医薬品の物性評価における熱分析の利用法」     (物質・材料研究機構)川上 亘作
10 : 30~12 : 00   実習(実習前講義含む)1回目
13 : 00~13 : 25   「DSC測定とin-situ X線測定の融合による高分子材料の融解挙動解析」(群馬大学)上原 宏樹
13 : 30~15 : 00   実習(実習前講義含む)2回目
15 : 15~16 : 25   質疑応答・個別相談
16 : 25~16 : 30   クロージング

【実習(2日目)の参加要領】午前・午後でそれぞれ90分の実習とし, “無機・金属(DSC,TG-DTA)”,“有機・高分子(DSC)”,“バイオ・医薬品(DSC,ITC)”の3テーマから1つを選択。“有機・高分子(DSC)”を選択した場合,さらに“チップセンサー方式”,“熱流束型”,“入力補償型”の3つのDSCから2つを選択。

参加費

【全日程】
会員:30,000円,学生会員:5,000円
協賛学協会会員(一般):36,000円,協賛学協会会員(学生):7,000円
非会員:40,000円,非会員(学生):10,000円

【いずれか一日のみ】
会員:20,000円,学生会員:3,000円
協賛学協会会員(一般):23,000円,協賛学協会会員(学生):4,000円
非会員:30,000円,非会員(学生):8,000円

申込方法

詳細は以下WEBサイトをご覧ください。
http://www.netsu.org/

問合せ先

日本熱測定学会事務局(電話でのお申込みは受け付けておりません。)
TEL:03-5821-7120
FAX:03-5821-7439
E-mail:netsu@mbd.nifty.com