MENU

『MATERIALS TRANSACTIONS』

header_ja

Materials Transactionsは、1960年にTransactions of The Japan Institute of Metalsとして創刊し、2000年に材料系学協会との共同刊行を開始してMaterials Transactionsと誌名を改め、現在は材料系12学協会が参加している英文学術論文誌です。

共同刊行参加学協会

(一社)軽金属学会, (一社)資源・素材学会, ナノ学会, (公社)日本金属学会, (一社)日本塑性加工学会, (公社)日本鋳造工学会, 日本銅学会, (一社)日本熱処理技術協会, (一社)日本熱電学会, (一社)日本非破壊検査協会, (一社)日本溶射学会, (一社)粉体粉末冶金協会

http://jim.or.jp/PUBS/thesis_e/e_index.html

J-Stageリンク:日本語サイト / 英語サイト

ONLINE ISSN: 1347-5320 PRINT ISSN: 1345-9678

 


欧文誌「Materials Transactions」共同刊行について

  1. 経緯
    (社)日本金属学会より呼びかけのあった欧文誌「Materials Transactions」の共同刊行については,平成12年11月15日に設立準備打合せ会が,(社)資源・素材学会にて行われ,(社)日本金属学会,(社)資源・素材学会,(社)軽金属学会,(社)溶接学会,(社)日本塑性加工学会より編集および事務局担当者が出席し,以下のことについて協議した。また,当面(2001年1号発刊時)の間は各学会の諸事情を勘案し,日本金属,資源・素材,軽金属の3学会でスタートすることになった。
    なお,欧文誌共同刊行については,本会編集幹事会,理事会において審議され承認が得られたので主要項目についてお知らせします。
  2. 協議事項
    1. 共同刊行誌名
      国際的に情報発信する広範囲の材料系分野を代表する総合誌名として「Materials Transactions」とする。共同刊行参加学協会が大幅に増加した場合や将来材料系欧文学術刊行会(仮称)が設立された場合には再考する。
      (複数の学協会より「Process」を誌名に追加する要望があったが,今後再考することを条件に承認。)
    2. 共同刊行の目的と基本方針
      1. 欧米に次ぐ第3極として日本から国際的に情報を発信する総合誌を目指す。
      2. Science and Technology of Advanced Materialsと共生を図る。
      3. 対象分野を拡大し,かつ学術と技術(基礎と応用)のバランスの取れた総合誌を目指す。
      4. 投稿者にとってメリットのある総合誌にする。メリットとは高インパクトファクター,高サーキュレーション,早期掲載,安価投稿費用である。
      5. 費用は管理費を含め,黒字を目指す。
      6. 電子ジャーナルと連携した運営を推進する。
        (提案通り承認した。)
    3. 権利と義務
      共同刊行参加学会は,編集および刊行に関し対等の権利と義務を有する。
      (提案通り承認した。)
    4. 刊行費用負担および会計報告
      1. 共同刊行出版に関わる費用は,(社)日本金属学会が負担する。
      2. その費用は投稿者負担金,文部省科研費補助金(3年後には全廃見込み),その他とで賄うことを基本とする。
      3. 共同刊行委員会などの出張旅費は委員が所属する学協会が負担する。
      4. (社)日本金属学会は,年1回会計報告を行う。
        (提案通り確認した。会議場所は東京とし,参加学協会の会議室を第1候補,不可能な場合は(社)日本金属学会が手配することで合意した。会議頻度は年2回程度。)
    5. 運営
      1. Materials Transactions編集委員会
        共同刊行参加学協会ごとに選出された編集委員長および代表委員1名の計2名で構成するMaterials Transactions編集委員会を作り,編集全般に関し協議する。委員長は当分の間(社)日本金属学会の欧文誌編集委員長が就任する。
        (正式にMaterials Transactions編集委員会設立を確認し肩書きにこだわらず,参加学協会ごと選出した2名の委員で構成する。委員長については提案通り承認。)
      2. 編集方法
        1. 刊行参加学協会の欧文誌編集委員会が投稿受付から審査・掲載可判定までの編集作業を行う。
        2. 共同刊行参加学協会の欧文誌編集委員会で掲載可と判定された論文は,(社)日本金属学会欧文誌編集委員会に送付し,(社)日本金属学会欧文誌編集委員会は,その編集のすべてを行う。
          (投稿から校閲,掲載可判定までを各学協会が行い,掲載可原稿を(社)日本金属学会に送付し,それ以降の編集業務は(社)日本金属学会が行う。なお,誤植以外の大幅な内容変更などがあった場合には,当該学協会の編集委員会へ通知し,その指示に従うことを確認。)
      3. 投稿規定および執筆要領
        共同刊行参加学協会は,(社)日本金属学会に準拠した投稿規定および同一の執筆要領を新たに作成する。
        (投稿規定は,(社)日本金属学会の規定に準拠して各学協会で作成し,その調整は1年以内を目途に行う。執筆要領は,電子ジャーナル化のこともあり(社)日本金属学会執筆要領と同一とし,その調整は1年以内を目途に行う。執筆要領に則していない原稿で,内容まで踏み込む必要が生じた場合には,各学協会に問合せする。SI単位については,(社)日本金属学会の方式に極力合わせる努力をする。以上のことを確認。)
      4. 校閲
        共同刊行参加学協会の校閲制度を尊重する。できるだけ早く査読レベル方法の標準化をはかり,それを基に校閲を行う。
        (提案通り承認。)
    6. 著作権
      掲載論文の著作権は,投稿された学協会に帰属する。引用・転載などの許諾に関する事務処理は著作権保持学協会が行う。
      (提案通り承認。著作権保持学協会の表示は,掲載論文の第1頁左上に明記する。)
    7. オンラインジャーナル
      (社)日本金属学会は,2001年からオンラインジャーナルとしてWeb配信し,その管理および運営を行う。(社)日本金属学会は,オンラインジャーナルに関する費用を負担する。
      (オンラインジャーナル配信を2001年1号から実施し,その費用は(社)日本金属学会が負担することを確認した。)
    8. Materials Transactions購読
      1. 参加学協会は購読者会員の募集を行う。
      2. (社)日本金属学会は購読料金徴収,雑誌発送などに関する事務一般を行う。
      3. 参加学協会には毎号2冊を寄贈し,その他の希望冊数は有料とする。
        定価 3,150円(消費税込み)
        会員購読費 10,000円(特典として電子ジャーナルおよびデータ-ベース無料利用)
        (参加学協会は雑誌の買取り義務はない。2冊寄贈分以外は有料とすることを確認。)
    9. 共同刊行事務局
      〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉
      (社)日本金属学会 学術情報サービスグループ
      電話 022-223-3685 FAX 022-223-6312
      E-mail: editjt@jim.or.jp
      (提案通り承認。)
    10. 材料系欧文誌学術刊行会(仮称)設立
      1. 将来参加学協会の合議により材料系欧文誌学術刊行会(仮称)を設立する。
      2. 設立にあたっては,共同刊行に関わる一切の業務を引き継ぐ。
      3. 運営および出版等の費用は,参加学協会が協議の上,適切に分担する。
        (将来,提案内容について検討することを確認。)
    11. 掲載可判定原稿の送付記入内容,方法および編集日程
      1. 原稿送付内容および送付方法
        内容
        1. 学協会名
        2. Received Date(オリジナル原稿が学協会に到着した日)
        3. 原稿区分
        4. 受付番号
        5. 題目
        6. 著者名(全員)
        7. 連絡者
        8. 連絡者郵便番号
        9. 連絡者住所
        10. 連絡者電話
        11. 連絡者FAX
        12. 連絡者E-mail
        13. 連絡者国名
        14. 掲載号
        15. 掲載順
        16. 備考(連絡事項など)
        17. 英文概要枚数
        18. 本文枚数
        19. 図面枚数
        20. 表枚数
        方法
        掲載可判定論文は,上記内容一覧表を入れ一括し宅急便にて発送する。更にE-mailにてファイル(Microsoft Excel)添付の上送付する。添付ファイルの雛型は(社)日本金属学会が提供する。
      2. 編集日程
        掲載可論文到着日
        発行日の65日前(毎月15日)
        校正刷送付予定日
        中旬
        責了日
        毎月5日頃
        雑誌発行日
        毎月20日頃
        オンラインジャーナル掲載日
        毎月20日頃

        (提案通り承認。)

    12. その他
      1. 投稿規定で既掲載和文の受付は,1年以内のルールを保持することを承認するが,今後運営面での検討を行う。
      2. インパクトファクター1の水準を保ち,情報量を年間3,000頁を目標とし,そのための特集号企画を各参加学協会に依頼する。
        (提案通り確認。)
  3. Materials Transactions編集委員会として
    (社)資源・素材学会は,藤田豊久(編集委員長),福山博之(編集委員)を推薦する。