MENU

岩手大学:理工学部教員公募【2022年1月14日(金)締切】

募集人員

教授 1名

所属及び担当

理工学部 システム創成工学科 社会基盤・環境コース (学士課程)
総合科学研究科 理工学専攻 デザイン・メディア工学コース (修士課程)
理工学研究科 デザイン・メディア工学専攻 デザイン工学分野 (博士課程)

専門分野

環境負荷およびリスク評価管理関連(大気環境工学分野、環境影響評価分野)

教育担当科目

専門科目:
(学 部)測量学、地域創生課題演習I・III、環境工学、大気環境工学、社会基盤・環境工学実験、生態環境保全学、科学技術英語II、卒業研究
(大学院)ソフトパス理工学特論、地域デザイン、環境センシング、デザイン・メディア工学総論、融合デザインプロジェクト、特別研修、特別研究、仮想環境構築特論、計測データ解析特論、デザイン・メディア工学特論、デザイン・メディア工学融合演習、デザイン工学系特別演習、デザイン工学系特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

教養教育科目:
学則により全学体制で実施することになっています。具体的には、採用後、自身の専門分野に関連した科目委員会へ所属し、委員会の所掌する科目を担当することになります。その他、「基礎ゼミナール」の科目を担当することもあります。

応募資格

次の要件を満たす者
(1)博士の学位を有する方
(2)学部学生および大学院生の教育研究指導と、先進的な研究を推進できる方
(3)教育の遂行に必要な日本語と英語の能力のある方
(4)大学構成員として、適切に組織運営を担うことができる方

着任時期

2022年4月1日以降のできるだけ早い時期

任 期

なし

待 遇

給与・手当:本学規定に基づき支給(年俸制。ただし退職手当は退職時に支給)
勤務時間:専門業務型裁量労働制 みなし労働1日7時間45分
保険:雇用保険、社会保険、労働者災害補償保険及び文部科学省共済組合に加入
休日:土日祝、年末年始等

提出書類

➀履歴書(写真貼付、E-mail アドレス、所属学会を記入)
➁専門分野における教育業務経験の概要(講義担当実績やその評価、卒業研究の学生の指導経験等)(A4用紙1枚程度)
③研究業績リスト(査読付き学術論文、著書、国際会議論文、解説・総説、研究報告、口頭発表に分類して記載。)応募者が第一著者またはCorresponding Authorの場合には、論文の著者名に「*」を付記すること。
④代表的論文の別刷8編(コピー可)
⑤これまでの研究業績の概要(A4用紙2枚程度)
⑥外部資金獲得状況の一覧(科学研究費補助金、共同研究、奨学寄附金、受託研究等に分類して記載。なお、代表・分担を明記すること)
⑦岩手大学着任後の教育ならびに研究に対する抱負(A4用紙2枚程度)
⑧応募者について問い合わせ可能な方2名の氏名、所属、連絡先
⑨その他参考となる資料(学協会や国、県、地方自治体等の役員、委員実績、所属大学での役職、委員の実績、海外留学経験、国際会議の運営等)

応募期間

2021年11月15日(月)~2022年1月14日(金)必着

選考方法

二段階で選考を行います。
一次選考:書類審査
二次選考:面接等

各選考結果(一次選考を通過された方は二次選考の詳細を含む)は、審査終了次第、Eメールにてお知らせいたします。

応募書類の提出先及び問い合わせ先

〒020-8551 岩手県盛岡市上田4-3-5
岩手大学理工学部 システム創成工学科 社会基盤・環境コース
コース長(教授) 小笠原 敏記 宛
Tel:019-621-6889 E-mail:togasa@iwate-u.ac.jp

封筒の表に「教授・環境負荷およびリスク評価管理分野 応募書類在中」を朱書きの上、簡易書留で送付してください。なお、応募書類は返却いたしません。

その他

岩手大学は男女共同参画を推進しています。男女共同参画社会基本法の趣旨に則り、教育・研究・社会貢献等の業績および人物の評価において、同等と認められる場合には女性を優先します。産前産後休暇、育児休業及び介護休業を取得していた場合(性別は問わない)には、選考の過程で考慮しますので、提出書類の履歴書に記載してください。両住まい手当制度や子育て・介護中の研究者に対する支援策などについては、岩手大学男女共同参画推進室のホームページ(http://www.iwate-u.ac.jp/gender/)をご覧ください。
応募書類により取得する個人情報は、採用者の選考及び採用の手続きに利用するものであり、この目的以外で使用することはありません。