MENU

日本学術会議:第32回環境工学連合講演会【2019年5月21日(火)開催】

英語名称

The 32st National Congress for Environmental Studies

主 催

日本学術会議 土木工学・建築学委員会

共 催

資源・素材学会ほか

開催日

2019年5月21日(火)

会 場

日本学術会議講堂(東京都港区六本木7丁目22-34)

プログラム

総合テーマ「限界の認識と目標の達成」
10:00~10:05 「開会挨拶」
嘉門雅史(日本学術会議連携会員/京都大学名誉教授)
10:05~10:45 基調講演     ◎座長:森口祐一(日本学術会議連携会員/東京大学)
  S-01  「IT プラットフォームを基礎とした資源循環」
                   中村 崇(資源・素材学会/東北大学名誉教授)
11:00~11:40
持続可能性   ◎座長:坂巻隆史(土木学会/東北大学)<第 1 会場:大講堂>
  A-101    「SDGs Goal 6 は達成できるか?~目標達成の制約因子とその克服策~」
                    滝沢 智(土木学会/東京大学)
  A-102   「静電気工学の立場からの持続的発展への貢献可能性」
                    水野 彰(静電気学会/豊橋技術科学大学)
建築        ◎座長:永田明寛(建築学会/首都大学東京)<第 2 会場:6 階会議室>
  A-201 「建築設備のリテラシーから考えるサステナブル」
                     野部達夫(空気調和・衛生工学会/工学院大学)
  A-202 「アレンジメントからクリエイションへ―建築学に必要なこと」
                     大岡龍三(日本建築学会/東京大学)
13:00~14:20
大気・水・土壌 1  ◎座長:玄地裕(日本LCA学会/産業技術総合研究所)<第 1 会場:大講堂>
  P-101 「航空機排ガスによる自由対流圏大気汚染:富士山頂で観測できるのか?」
                     大河内 博(大気環境学会/早稲田大学)
  P-102 「地下鉄 PM2.5 問題はなぜ見過ごされてきたか?」
                     奥田知明(日本化学会/慶應義塾大学)
  P-103    「土壌・地下水汚染に関わる地盤環境問題の現状」
                     鈴木弘明(地盤工学会/日本工営株式会社)
  P-104  「ファイトレメディエーション研究の現状とこれから 」
                      竹中千里(日本分析化学会/名古屋大学)
低炭素     ◎座長:小口正弘(廃棄物資源循環学会/国立環境研究所)<第 2 会場:6 階会議室>
  P-201 「超低炭素社会構築のリアリティーとチャレンジ」
                     神原 信志(日本機械学会/岐阜大学)
  P-202 「革新的製鉄プロセス技術開発(COURSE50)による鉄鋼業における
                CO2排出削減への取り組み」
                     宇治澤 優(日本鉄鋼協会/新日鐵住金株式会社)
  P-203    「統合評価モデルにおける限界問題へのアプローチと持続可能性」
                     黒沢厚志(化学工学会/エネルギー総合工学研究所)
  P-204 「科学技術と環境レジームの相互作用~地球の限界(Planetary boundaries)、
                パリ協定、エネルギー転換~ 」
                      高村 ゆかり(環境科学会/東京大学国際高等研究所〔UTIAS〕)
14:40~15:20
大気・水・土壌2  ◎座長:藤倉 良(環境科学会/法政大学)<第 1 会場:大講堂> 
  P-105 「近代農業の限界と再生」
                    舟川晋也(日本土壌肥料学会/京都大学)
  P-106 「グローバルとローカルの水問題 」
                     福士謙介(日本水環境学会/東京大学)
14:40~15:40
資源管理-枯渇性-  ◎座長:新苗正和(環境資源工学会/山口大学)<第 2 会場:6 階会議室>
  P-205 「資源・廃棄物に関する限界の定義と資源効率」(仮)
                    橋本征二(廃棄物資源循環学会/立命館大学)
  P-206 「鉱物資源の供給の現状と将来の課題」(仮)
                      廣吉直樹(環境資源工学会/北海道大学)
  P-207 「資源の限界とゴールへのアプローチ確認ツールとしての LCA」
                      原田幸明(日本 LCA 学会/物質・材料研究機構)
16:00~17:00 パネルディスカッション「限界の認識と目標の達成」
◎座長:村上進亮(資源・素材学会/東京大学)
17:00~17:10 「閉会」
「第32回環境工学連合講演会の総括」
森口祐一(日本学術会議連携会員/環境工学連合小委員会委員長/東京大学)
「閉会挨拶」
米田雅子(日本学術会議第三部会員/土木工学・建築学委員長/慶応義塾大学)

参加費:無料

講演論文集は、当日配布いたします

定 員

200名(申込み先着順/定員に余裕がある場合は当日の参加も受付いたします)

参加申込

右記 URL(Peatix サイト)よりお申し込みください ⇒ https://rengo32-mmij.peatix.com/
※上記 Peatix サイトから参加申込いただけない場合は、資源・素材学会事務局(info@mmij.or.jp)宛、E-mail にてお申し込みください。
なお、E-mail での参加申込についても詳細を上記 Peatix サイトでご確認ください。

問合せ先

(一社)資源・素材学会 事務局
〒107-0015 東京都港区赤坂 9-6-41 乃木坂ビル 5F
TEL:03-3402-0541 FAX:03-3403-1776
E-mail:info@mmij.or.jp